私が消費者金融でお金を借りるきっかけとなったのは、当時付き合っていた彼氏に付き添っての契約の気軽さを目の当たりにしたことでした。

「こんなに簡単にお金が借りられるんだ~」という印象が残っており、自分がどうしてもほしいものがあった時に、お金が必要になり、「そういえば」と思い出して借りにいきました。無人の契約機だったので、恥ずかしさも少し薄れ、気軽な気持ちで借りることができました。


 ほしいものを購入できたので、次のバイト代で返済してしまおうと思っていましたが、やはりほかにほしいものができてしまい、まだまだ借り入れの限度額までには余裕もあったので、どんどん気が大きくなってあっという間に限度額まで借りてしまいました。

それからは返済しては限度額まで借りる...の繰り返しでした。

 このままではいけない!と思い立ち、必死の思いで毎月返済し、完済までに10年かかりました。借りるのは簡単でも、返済は本当に大変だということを実感し、自分の浪費癖も考慮にいれて、今後は今あるお金だけでのやりくりをしていこうと思っています。